スポンサードリンク

2009年08月20日

レーシック手術の種類

レーザー手術で視力を回復させたり矯正させたりする方法にはいくつか種類があります。

クリニックによっては1種類だけでなくいくつかの手術方法を扱っている場合がありますのでその特徴をきちんと理解しておく必要があると思います。

【レーシック】
これが一番有名と言うか視力回復手術で最も主流と言える手術です。この手術はマイクロケラトームと言う器具を使い、目の角膜の一部分を薄く削っていき、蓋みたいな形状のフラップと言う物を作ります。そして角膜実質層と言う所にレーザーを当てて先ほど作った蓋状のフラップを元に戻すと言う手術です。

【イントラレーシック】
レーシックとは違って、高性能のレーザーを使用して手術する方法で手術方法はレーシックと同様のやり方をします。効果としてはレーシックよりも安全性が高く、今までレーシックでは手術不可能だった人でも対応が可能になったと言う大きな特徴があると言えます。

【エピレーシック】
エピケラトームと言う器具を使う所がレーシックとはちょっと違う所で、角膜上皮部分に薄いフラップと言う蓋状の物を作ります。このエピレーシックをする事によって格闘技などの目に負担がかかりそうな位の激しいスポーツでも出来る様になります。

【ウェーブフロントレーシック】
高精度の検査機器(ウェーブフロントアナライザー)を使用して解析分析してデータを作成します。そのデータを元にしてレーザーを照射すると言う方法を使用します。このレーシックは雑性乱視や不正乱視などにも使用できる施術方法です。


posted by 視力回復 at 09:33 | TrackBack(1) | 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。