スポンサードリンク

2009年05月05日

レーシック手術に関するリスク

視力を回復させるレーザー手術としてレーシックと言う手術が主流になって行われています。たくさんのメリットももちろんあるのですが、リスクももちろんあります。

レーシック手術は比較的安全な手術であるのですが、リスクとして合併症が起きる可能性がある事も知っておく事はとても大切な事だと思います。

このリスクを良く理解して、出来るだけ回避・軽減出来る様なクリニック選びをする事が私達受けての考え方だと思うのです。


【ハロー・グレア現象】
リスクの一つに「ハロー・グレア現象」と呼ばれる現象があります。これは明るい光が目の前にあるとして、何となく周りがボヤけているような、モヤがかかっているような感じに見えると言う現象、その明るい光が眩しくてちゃんと見る事が出来ないと言う症状などの事を指します。これは手術を受けた約半分の人がこの現象になってしまうと言う様に言われていますが、大抵は3か月位で完治する様です。

【ドライアイ】
レーシックの手術を受けた後、大体2?3か月位はドライアイの症状に悩まされる事があります。ドライアイの症状が出た場合には目薬を点すとかして症状を緩和させる事しか方法が無いので、治るまでその対処法で対処する様にしておきましょう。

【感染症】
レーシックの手術の後に角膜の上皮部分が癒着してしまい、細菌が入ってしまった場合感染症を引き起こしてしまう可能性があります。ほとんどそのような事は無いとは思うのですが、万が一感染症になってしまった場合には、早めに治療する様にしましょう。そうすると完治する事が出来ます。


posted by 視力回復 at 09:15 | TrackBack(0) | 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。