スポンサードリンク

2009年08月20日

レーシック手術の種類

レーザー手術で視力を回復させたり矯正させたりする方法にはいくつか種類があります。

クリニックによっては1種類だけでなくいくつかの手術方法を扱っている場合がありますのでその特徴をきちんと理解しておく必要があると思います。

【レーシック】
これが一番有名と言うか視力回復手術で最も主流と言える手術です。この手術はマイクロケラトームと言う器具を使い、目の角膜の一部分を薄く削っていき、蓋みたいな形状のフラップと言う物を作ります。そして角膜実質層と言う所にレーザーを当てて先ほど作った蓋状のフラップを元に戻すと言う手術です。

【イントラレーシック】
レーシックとは違って、高性能のレーザーを使用して手術する方法で手術方法はレーシックと同様のやり方をします。効果としてはレーシックよりも安全性が高く、今までレーシックでは手術不可能だった人でも対応が可能になったと言う大きな特徴があると言えます。

【エピレーシック】
エピケラトームと言う器具を使う所がレーシックとはちょっと違う所で、角膜上皮部分に薄いフラップと言う蓋状の物を作ります。このエピレーシックをする事によって格闘技などの目に負担がかかりそうな位の激しいスポーツでも出来る様になります。

【ウェーブフロントレーシック】
高精度の検査機器(ウェーブフロントアナライザー)を使用して解析分析してデータを作成します。そのデータを元にしてレーザーを照射すると言う方法を使用します。このレーシックは雑性乱視や不正乱視などにも使用できる施術方法です。


posted by 視力回復 at 09:33 | TrackBack(1) | 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

レーシック手術のメリット

視力回復を行うレーシック手術とはエキシマレーザーと言う安全性が比較的高いレーザーを使用して角膜の屈折を直し、視力を回復させると言う手術になります。

この手術を最先端で行っているのが米国で、年間130万を超える様な症例が実施されている様ですが、日本でも1995年にFDAが認可をしてから飛躍的に発展して来ていると思います。


この手術を行っていたのは、最初は有名人の人やスポーツ選手などが中心になって行っていましたが、近年では一般の方もかなり受けている様で今後も増加していく傾向にあると思います。

ではこのレーシックのメリットとは一体どのような物があるか記述してみたいと思います。

まず一番のメリットとしては裸眼で生活が出来ると言う事に尽きるのではないでしょうか。メガネやコンタクトなどの煩わしさから解放されますので金銭的負担も無くなると思います。

また眼が悪いと目が疲れやすくなってしまったり、肩凝りが酷くなってしまったりしますが、目が良くなるだけでそれが解消される可能性があります。

また近視が原因で病気になる眼病と言うのもありますが、その眼病予防にもなるというメリットがあります。

次にメガネやコンタクトをしているとスポーツの時などに障害になっている部分と言うのも多々あったかと思うのですが、裸眼でスポーツが出来る様になるので激しいスポーツでも思う存分楽しむ事が出来るようになります。

上記の他にもメリットはあると思いますが、主なメリットは上記の様な事だと思います。

posted by 視力回復 at 09:18 | TrackBack(0) | 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック手術に関するリスク

視力を回復させるレーザー手術としてレーシックと言う手術が主流になって行われています。たくさんのメリットももちろんあるのですが、リスクももちろんあります。

レーシック手術は比較的安全な手術であるのですが、リスクとして合併症が起きる可能性がある事も知っておく事はとても大切な事だと思います。

このリスクを良く理解して、出来るだけ回避・軽減出来る様なクリニック選びをする事が私達受けての考え方だと思うのです。


【ハロー・グレア現象】
リスクの一つに「ハロー・グレア現象」と呼ばれる現象があります。これは明るい光が目の前にあるとして、何となく周りがボヤけているような、モヤがかかっているような感じに見えると言う現象、その明るい光が眩しくてちゃんと見る事が出来ないと言う症状などの事を指します。これは手術を受けた約半分の人がこの現象になってしまうと言う様に言われていますが、大抵は3か月位で完治する様です。

【ドライアイ】
レーシックの手術を受けた後、大体2?3か月位はドライアイの症状に悩まされる事があります。ドライアイの症状が出た場合には目薬を点すとかして症状を緩和させる事しか方法が無いので、治るまでその対処法で対処する様にしておきましょう。

【感染症】
レーシックの手術の後に角膜の上皮部分が癒着してしまい、細菌が入ってしまった場合感染症を引き起こしてしまう可能性があります。ほとんどそのような事は無いとは思うのですが、万が一感染症になってしまった場合には、早めに治療する様にしましょう。そうすると完治する事が出来ます。


posted by 視力回復 at 09:15 | TrackBack(0) | 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。